忍者ブログ

石垣島 シュノーケリング 送迎

石垣島でシュノーケリングを楽しむなら、
送迎付きのプランを選ぶことをオススメします。


意外と送迎付きプランは多いです。
市街地やホテルまで送迎してくれるようです。


利用する会社でサービスが異なりますが、
荷物を預けられる所もあります。


なので、最終日に少しだけ楽しむというのもあり。


空港まで送迎してくれるので、
シュノーケリングを楽しんでそのまま帰ることもできます。


シュノーケリングをがっつり楽しむのもいいですが、
空いた時間に少し楽しむ計画でも良いかもしれません。


時間を有効的に使いながら石垣島を楽しみたいなら、
送迎などサービスが充実しているプランを選ぶのが良いでしょう。

PR

石垣島 シュノーケリング 魚

シュノーケリングの楽しみの一つは、
色鮮やかな魚を見ることでもありますよね。


きれいな海だからこそ、石垣島だからこそ、
見られる魚がいっぱいいます。


石垣島で見られる魚は、
・カクレクマノミ
・デバスズメダイ
・キンギョハナダイ
など


カクレクマノミは、
ニモで知名度が上がりましたよね。


ただ、きれいだなと魚を見るのも良いですが、
事前にどんな魚がいるのかを知ってから、
石垣島を訪れてみても良いかもしれません。


これはあの魚で、あれはあの魚だ…というように、
シュノーケリングを楽しめることでしょう。


興味がある方は少し勉強してみてから、
訪れてみるのも良いと思います。


また、シュノーケリングでは魚だけではなく
サンゴ礁にも注目です。


サンゴ礁にも沢山の種類があるので、
さまざまな景色を楽しむことができますよ。


 

石垣島 シュノーケリング 穴場

石垣島でシュノーケリングをするなら、穴場ビーチがオススメです。
定番ビーチは多くの人で溢れますが、穴場ビーチは知る人ぞ知る場所なので、快適にシュノーケリングを楽しむことができます。


穴場ビーチはわかりづらい場所にあるため、地元の人が散歩に来たり、家族が遊びに来るだけで、観光客はほとんど来ません。


穴場ビーチだと言われているのが、石垣市崎枝にある「崎枝海岸」や石垣市石垣島米原にある「米原ビーチ」です。


崎枝海岸は、シュノーケリングの穴場としてオススメの場所ですが、駐車場や設備、売店等はありません。
また、海岸に行くには茂みの中を進まなければなりません。ジャングルのような道を進んだ先にビーチがあります。


米原ビーチは、無料と有料の駐車場があり、トイレやシャワー更衣室などの設備が用意されています。ただし、監視員などはいないため、天候が悪い日などの利用は注意が必要です。


人が少ない所でシュノーケリングを楽しみたいなら、石垣島の穴場ビーチの利用を検討してみると良いでしょう。

石垣島 シュノーケリング バラス

石垣島と言えばマリンスポーツが有名な沖縄の離島です。
マリンスポーツの中でも石垣島で体験して欲しいのはやはりシュノーケリングです。
シュノーケリングは海の中を直接覗くマリンスポーツで、石垣島の透明度の高い海だからこそできる遊びです。
エメラルドグリーンの海の中は一体どんな感じなのか興味がありますよね。

そんな石垣島のシュノーケリングの人気スポットは幻の島です。
幻の島の正式名称は浜島と言って、時間で姿を消してしまうので幻の島と言われているのです。

またバラス島も人気があります。
バラス島とは西表島と鳩間島の間にあるサンゴの欠片で出来た島です。
バラス島も幻の島と同じく、時間によっては消えてしまいます。

限られた時間しか姿を現さないのも人気の理由の一つなのでしょう。
幻の島もバラス島も周辺は浅瀬なのでシュノーケリングポイントとして人気があります。

シュノーケリングを体験したい人は石垣島ならば幻の島で、西表島ならばバラス島がおすすめです。

石垣島 シュノーケリング サンゴ

石垣島のエメラルドグリーンの海でのシュノーケリングでは綺麗なサンゴを見る事が出来ます。
テレビの映像で石垣島のサンゴ礁を見たことがあるかも知れませんが、実際に自分の目で見ると感動が違います。
ゴーグル越しに見る景色は桁違いの美しさです。

石垣島の温暖な海が色鮮やかなサンゴをより綺麗に見せてくれるのでしょう。
実際にシュノーケリングで海の中を覗けば新しい発見もあり、見る度に景色を変えてくれます。

同じ景色なのに時間によって変化する石垣島の海をお楽しみ下さい。
石垣島に毎年通う方はシュノーケリングやダイビングで見る石垣島の神秘の世界に嵌ってしまった人です。

今まで海に興味がなかった人でもこの美しさを経験したら石垣島に通ってしまうはずです。
石垣島で綺麗なサンゴをみるなら今の時期がオススメです。